35歳に選ばれる!転職サイトベスト3

転職は誰もが成功するわけではない

 35歳といえば、転職市場でもギリギリ売り手の年齢です。決断するなら、35歳が良いタイミングなのかもしれません。ですが、転職したひとのすべてが満足しているわけではなく、残念ながら転職に失敗する人も数多くいます。では、転職に失敗してしまう可能性が高い、転職に向かないひととは、どんなタイプなのでしょうか。

 

転職に向かないひとの共通点

 転職して、新しい職場になじめずに孤立してしまうひとには、どうやら共通項があるようです。自分に当てはまっているところがないかを、チェックしてみましょう。

 

ここがポイント!
  • 志望動機が安易である
  • 転職への緊張感に欠けている
  • 新天地で成果を出すという決意や覚悟がない
  • 条件だけを見て、自分のビジョンが明確でない

 

 いま、この条件の一つでもあてはまるものがあるのであれば、転職せずに、現職でがんばると決めることをおすすめします。

 

安易な転職が失敗する理由

 長年同じ会社に勤め続けた35歳のビスネスマンであれば、人間関係もシステムもできあがっている状況の中では、ある程度ルーティンワークで仕事を回せます。ですが、それは周囲の人たちが「あなたのことを知っている」という前提で成り立っているものです。同じ業界や職種であったとしても、仕事のシステムやスタイルは会社によって異なりますので、前職と同じ感覚で仕事を進めることはできません。

 

 また、35歳の転職組ともなると、周囲は即戦力としての成果を期待します。すべてのひとが転職者に好意的なわけでも、協力的なわけでもないですから、それなりの洗礼を受けることになります。職場になじめずに、転職先を退職する例は、掃いて捨てるほどあるのです。「違う職場で働いてみたい」「給料をもっとアップしたい」「休みがもっとほしい」などという、安易な気持ちで転職をして、成功したひとはいないと認識し、自分が本当に転職すべきかどうかを、再検討してみましょう。

 

それでも転職を決めたなら

 自分の成長や将来を考え、35歳での転職を決意したなら、希望の仕事に就くためには年収ダウンなど、現職より条件が悪くなることを辞さない覚悟も必要です。未来のビジョンが明確であれば、一時的なダウンは取り戻せると考え、長期的な視野で求人を選ぶようにしましょう。

 

 

関連情報
40歳が効率よく転職する方法
40歳の転職方法や求人サイトの情報

 

40歳転職の方法<最適な転職サイトとは?
40歳の転職は転職サイトを活用すると良い?


更新履歴